Safari4ベータでアドレス帳をCoverFlowで閲覧する

Safari4 betaがリリースされているが、興味はスピードUpよりもCoverFlowにあり、早速インストールしてみた。
まずSafarai4 betaをインストールするには、トラブルが多いと噂のOSXを10.5.7にバージョンアップしなければならない。リスク覚悟でインストールしたが、今の所問題はない。

Safari4の左上にある”本”の形のアイコンをクリックすると、アドレスブック内に登録されているURLの一覧が表示され、そのページのサムネイル画像がCoverFlowで閲覧できる。
一度、閲覧しないとサムネイルが生成されないので最初は真っ黒である。

iPhoneのアドレスブックでもURLが登録されていると、リンクが表示されすぐにアクセス可能になるため、できるだけ多くのURLを編集していきたい。

そこで、アドレスブックのテンプレートにURLを追加することで、編集し易くした。

もうひとつ、左上アイコンの2つ目にある格子型のアイコンはTopSitesというタイトルでホームページのサムネイルを湾曲させ一覧表示してくれる。

CoverFlowのようにめくることができないのは残念だが、ピンをクリックすれば位置が固定され、それ以外は履歴によって変化する。
ダッシュボードでなくてもビジュアルで更新確認ができるのでユーザビリティが良くなる機能の一つである。