私はSOFTBANKの無料通話戦略を評価します。

孫さんが「ただ友達」戦略で携帯通話料の価格破壊に挑戦し、成功しています。他社も仕方なく追従してきてますよね。
docomoよりユーザー志向な点は評価します。
ビジネス面を考えると、docomoの公式サイトとして認定されるにはauより、高いレベルを要求され、弱小企業の参入は厳しいと認識しています。
Appleのiアプリはその点、個人から参入でき、開発ツールは無料、更に海外含めてビジネス可能となります。
PCのシェアウェアのビジネスを携帯で可能にしてくれたApple、同じくgoogleの姿勢はIT業界の底上げにつながるとともに、ユーザーを楽しませてくれるので、今後更なる発展が期待される一方、モバゲーの衰退にみられる頭打感で日本の制作会社の動向が気になるところです。
今後のdocomo,auの端末戦略次第でしょうか?