モバイルSuicaの非常識:占有ブロックは他の3倍 

iPhoneユーザーになってもおサイフケータイを使いたいためにFeliCaポート付きの携帯が手放せない人は多いと思います。自分もその一人でiPhone3Gの他にDisney携帯DM001SHを所有しています。

使っているおサイフケータイのアプリは、Edy,QUICPay,マクドナルド,nanaco,GEO会員証,ビッグカメラのビックポイントカード,ヨドバシカメラのゴールドポイントカード,ヤマダ電機のケイタイdeポイント,トクトクポケット ,ANA モバイルAMC,JAL ICポケットを入れて快適にFelicaを使っていました。

そして最近、連休の新幹線のチケット予約をネットで行うと同時にモバイルSuicaのホームページへアクセスすると、アプリが既にDM001SHに対応していたので携帯にダウンロード。

ここまでは問題ありませんでしたが、アプリ起動後にFelicaの空きブロックが141も必要だと警告されてインストールは中断。悩んだ末、ビッグカメラ、ヨドバシカメラのアプリまで泣く泣く削除してインストールを再開。ようやくインストールが完了しました。

結果、今現在登録されているアプリ(ブロックサイズ)は、Edy(40),QUICPay(43),マクドナルド(38),nanaco(42),GEO会員証(-),モバイルSuica(137)。

これで空きブロックは12しか無いので他のアプリは入れられません。
他のアプリと比べモバイルSuicaアプリが占めるブロックサイズは3倍にもなり非常識だと感じますので、改善して欲しいと思います。

一方メーカー側の対応としては、ドコモでは903以降Felica容量が3倍になったとのことで、今後容量が増えたFelicaのICチップが搭載される方向にあると思いますが、キャリアやメーカーのWebサイトではFelicaの容量は明記されていませんし、おサイフケータイ対応アプリのインストールの限界についても記載されていません。おサイフケータイ普及の為にもメーカー、キャリアで明記すべき項目ではないのでしょうか?

なお、機種変時にドコモでは一部の機種ではFelica内のデータを他の端末へ移動するサービスもあるそうですが、SoftBankにはありませんでした。他機種への乗り換え手順はアプリ毎に異なりますので、紛失/盗難時の対策含め要チェックです。