簡単!アイカツカード自作

小学校の娘達がアイカツにハマっていて、週末はゲーセンへ行く事が続いている。
目的はカード欲しさとゲームをプレイすること。しかし、スコアは気にしていないようである。

ゲーム機に100円を入れて出てくるカードを見て、既に持っているカードだとガッカリし、もう一回とせがんでくる。
何枚集めたら気が済むのだろうか、早く卒業できるようにと願いアイカツカードの自作にトライしてみた。

まずは、バーコードリーダーの用意。
iPhoneの無料アプリ「QuickScan」を使うとアイカツカードのバーコードが読めました。

そして、次にパソコンを使い、ヤフオクやGoogle画像検索からバーコードが表示されているアイカツカードを探し、程よい大きさに画面表示し、iPhoneでバーコードをスキャン
AK2WZPBHY
AK19ZC3DF
AK122XHUM

バーコードの種類はcode128 で桁数は9桁。
頭2桁はAK固定の様である。

そして、アイカツカードの画像はバーコードの文字列をファイル名にして保存。
その後、画像ファイルはペイントなどでカードサイズにトリミングし、画像は横長へ傾け、バーコードの位置を右側になるように揃える。

次に印刷。
用意したのは無料のタックシール印刷ソフト、コクヨの「合わせ名人3
用紙は品番「KJ-LM108」を選択。
このタックシール内に保存したアイカツカードの画像を挿入、バーコード部分は白の長方形で覆い、その上にバーコードを挿入する。そう、この「合わせ名人3」はバーコードが挿入できる優れものなのである。

A4普通紙に印刷し、アイカツカードの実寸で8枚バラバラに切り取って完成。

この紙がゲーム機で読めたから、娘達は驚いたのであった。

これでレアなカードも自作して、プレイできるのだから、カード収集に固執しないだろうと期待している。