カテゴリー別アーカイブ: WordPress

CORESERVER + WordPress  ファイルuploadができない時の対応

環境:CORESERVER +Wordpress3.2.0ja

標準のテーマ「Twenty Ten 1.2」でヘッダー画像のアップロードやメディアの新規追加等でアップロードができないトラブルが生じた際に、wp-content/uploads のパーミッションを777とすると、「xxxxxへ移動できません」とのエラーが生じるので707へ変更することで解決。

但し、uploadsの所有者がapacheの場合はchmodが効かないため次のステップで実行。
※sudoは使えません。

1.ディレクトリ”uploads”を強制削除

“rm -rf uploads”

2.ディレクトリ”uploads”を再作成

”mkdir uploads”

3.パーミッション設定

“chmod 707 uploads”

これで解決。

ググってよく見かける”.htaccess”を追加する手法は不用である。

Arras Theme

WordPress のArras Theme (http://www.arrastheme.com/) を使ってみた。

1つの画像をアップするだけで(1)トップページ様の画像、(2)カテゴリー一覧で使用するアイコン、等の複数の大きさへ都度変換する。
変換処理に時間がかかり、プレビューで画像表示にもたつくが、キャッシュと併用して解決。

Ktai Style+Contact form 7のメールフォーム文字化け修正パッチ

Ktai Style(1.74)+ Contact form 7(1.10.1)の環境において、携帯からのメールフォーム送信時に
1)文字化けする。2)メールが送信されない。という不具合の問題に取りかかりました。

色々とググってようやく探し当てた参考元のソースでは、マルチセレクトが対応されていなかったので以下の様に修正し、無事不具合が解決いたしました。

現行バージョンのContactForm7では、修正するファイルは”includes/classes.php”となります。460行目に下記ソースを追加します。
古いブログには”wp-contact-form-7.php”を修正する様に記載されていますので注意!

// Ktai ONLY
global $Ktai_Style;
$ktai_char = $Ktai_Style->get('charset');
if (preg_match('/^(?:text|textarea)[*]?$/', $type) && function_exists('is_ktai')&& is_ktai())
$_POST[$name] = mb_convert_encoding($_POST[$name], get_bloginfo('charset') ,$ktai_char);
if (preg_match('/^(?:select|radio)[*]?$/', $type) && function_exists('is_ktai')&& is_ktai()){
if (is_array($_POST[$name])) {
foreach ($_POST[$name] as $key => $value) {
if (function_exists('is_ktai') && is_ktai())
$_POST[$name][$key] = mb_convert_encoding($_POST[$name][$key], get_bloginfo('charset') ,$ktai_char);}
}else{
$_POST[$name] = mb_convert_encoding($_POST[$name], get_bloginfo('charset') ,$ktai_char);
}}
//—-
if (preg_match('/^(?:checkbox)[*]?$/', $type)) {
if (is_array($_POST[$name])) {
foreach ($_POST[$name] as $key => $value) {
if (function_exists('is_ktai') && is_ktai())
$_POST[$name][$key] = mb_convert_encoding($_POST[$name][$key], get_bloginfo('charset') ,$ktai_char);
}
}
}

<補足>
*WP Multibyte Patchプラグインは使っていません。
*テストはSafari4.0.1でユーザーエージェントをdocomoの端末にして、エンコードはSJISで行いました。
*Contact form7の競合にCforms IIがありますが、多機能ゆえに頻繁なバージョンアップ。都度パッチしたくないので却下しました。

twitterに投稿するWordPress-pluginを変更しました

WordPressでブログを投稿したら、自動的にtwitterにそのリンクを”つぶやく”WordPressのプラグインを使っています。しかし、WordPressでブログ記事を編集中に自動保存機能が働くため、その度にtwitterへ”つぶやき”がリンクされてしまい、スマートでありませんでした。そこで、似たようなプラグインに置換えてみました。

twitterにリンクを投稿するWordpressプラグイン

旧:Twitter updater w/ TinyURL
新:WP to Twitter

※WP to Twitterの方がpostの他にもlinkも送信できたりと高機能である。

nextgen-gallery+cooliris(Flash版) ギャラリー指定方法

WordPress + nextgen-gallery の環境でcooliris(Flash版)を投稿する際、1つのギャラリー内の画像だけに限定したい場合があります。

media-rss.phpのパラメータ

media-rss.php?gid=ギャラリーID&mode=gallery

*mode=galleryが無いとrss内部に次のギャラリーへのリンクが付加されます。

cooliris(Flash版)のHTMLタグ例(自動整形済み)

<object width="700" height="420" data="http://apps.cooliris.com/embed/cooliris.swf"
type="application/x-shockwave-flash">
<param name="id" value="o" />
<param name="flashvars" value="feed=http://********/**/
wp-content/plugins/nextgen-gallery/xml/media-rss.php?gid=6%26mode=gallery" />
<param name="allowFullScreen" value="true" />
<param name="allowScriptAccess" value="always" />
<param name="src" value="http://apps.cooliris.com/embed/cooliris.swf" />
<param name="allowfullscreen" value="true" /></object>

注)&は%26に置換えます。

coolirisのFlash版登場! 早速WordPressで試してみました。

cooliris for DeveloperからFlash版のcoolirisが公開されていたので、早速WordPressで試してみました。

現状、WordPressのplugin”nextgen-gallery”で写真を整理するだけで、coolirisの3D Wallに対応できています。
個人的には現状で満足していますが、coolirisのプラグインをインストールしていないユーザーは迫力のある”3D Wall”を体験できませんので、とりあえずFlash版で簡易体験してもらうことにします。
注1)写真のタイトルや説明の日本語の文字化け問題もcoolirisのバージョンアップでFirefox、Safari共にFixされています。
注2)Flash版はYouTubeなどの動画には対応しておりませんが、Frickrには対応しています。

続きを読む coolirisのFlash版登場! 早速WordPressで試してみました。

LifeStream Pluginによる自動投稿

WordPressのLifeHack系のPluginに「LifeStream」がある。

このPluginは毎日自動的にブックマーク、写真、他サイトのブログのタイトル一覧をWordPressに投稿してくれるとともに
月でサマリーした一覧形式でページの表示も可能なプラグインである。

(deliciousの機能にはブックマークを定時にWordPressに指定のカテゴリに投稿できる)

LifeStreamを使うと1日のネット利用内容が時系列で把握できる。
また、他の用途でも使えるプラグインなので、情報整理として活用していきたい。

ちなみに、プロフィールの配下にLifeStreamのページを作成してみた。

cformsからのメールがSH905iで受信すると文字化けた。その対策

cformsはSubject、Bodyをブログの文字コードで送信する。
通常はデフォルトのUTF-8で送信されるが、一部のメーラや携帯では文字化けしてしまいます。
そこで、メールの文字コードをUTF-8からISO-2022-jpに修正してみました。
(cformsの設定状態によって修正箇所は異なりますので、ご了承ください)

続きを読む cformsからのメールがSH905iで受信すると文字化けた。その対策